ニュースTOニュース001

最新の芸能からスポーツまでニュースをご紹介します。一言コラムを添えてお届けしますのでお楽しみ下さい。

スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Google
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

憲法改正のための国民投票法案が早くも成立か?

<国民投票法案>与党修正案、衆院通過へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070413-00000027-mai-pol

早かったという印象はぬぐえない。

こんな重要な法案がこれほど早く成立していいのか?

野党がだらしないのか与党が強引なのか、後から批判不満が
続出するのは目に見えている。


YAHOOニュースから引用
~ここから~
 憲法改正の手続きを定める国民投票法案の与党修正案は13日午後の衆院本会議で採決され、自民、公明両党の賛成多数で可決される。与党は16日に参院本会議と参院憲法調査特別委員会で趣旨説明を行う構えで今国会成立は確実な情勢。安倍晋三首相が目標とする5月3日の憲法記念日までの成立を目指す。
 同法案は昨年5月、与党と民主党がそれぞれ独自の議員立法として衆院に提出した。共同修正を模索してきた中、与党は今年3月に単独で修正案を提出。今月に入って民主党も別の修正案を提出したが、与党は修正協議を打ち切ったうえで、12日に衆院憲法調査特別委員会で与党修正案の採決に踏み切った。
 与党修正案は(1)投票権者は18歳以上で、公職選挙法や民法改正で選挙権年齢や成人年齢が引き下げられるまでは20歳以上(2)賛成・反対票を合計した有効投票総数の過半数の賛成で成立(3)法案成立後3年間は衆参両院に設置する「憲法審査会」で憲法改正の審査、提出は行わない(4)憲法改正案は関連する項目ごとに区分して行う――などが柱。【須藤孝、高山祐】

スポンサーサイト
Google
  1. 2007/04/13(金) 15:51:40|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<佳子さまがフィギュアで優勝!皇室から初のオリンピック選手になるか? | ホーム | ゴールデンウィークといっても、どこへ行っても人だらけ、渋滞だらけでは出かける気にならない。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newstonews001.blog98.fc2.com/tb.php/145-5b99c9f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。