ニュースTOニュース001

最新の芸能からスポーツまでニュースをご紹介します。一言コラムを添えてお届けしますのでお楽しみ下さい。

スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Google
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

村長選挙が44年ぶりに行われるってどんな村ですか?

44年ぶり、福島・檜枝岐村長選で「慣例」破る選挙戦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070417-00000105-yom-pol

こんな慣例はもっと早く破るべきじゃなかったの?

でも、市長の仕事ぶりが素晴らしいのなら無投票でもいいのか。

それが今回選挙になるということは、働きが悪いのか?


YAHOOニュースから引用
~ここから~
 17日告示された統一地方選後半戦の町村長・町村議選のうち、連続10回無投票だった福島県檜枝岐(ひのえまた)村長選は、同日正午までに無所属の新人2人が立候補を届け出て、1963年以来44年ぶりに選挙戦になった。

 届け出たのは、前村議会議長の星守候補(59)と前村総務課長の星光祥候補(56)。事前に出馬表明していたのは星守候補だけで、今回も無投票になるとみられていた。しかし、星光祥候補が16日に村役場を退職し、急きょ出馬した。光祥候補は「強い出馬要請があり、最終決断した。村民にも選択の機会を与えるべきだ」と述べた。

 同村は日光国立公園・尾瀬の入り口の一つにあたり、人口約620人の山村。63年の選挙では、村を二分した激戦になり、しこりが残ったといい、無投票が“慣例化”していた。


スポンサーサイト
Google
  1. 2007/04/17(火) 18:22:18|
  2. 地域ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<不二家がミルキーと共に完全復活だー? | ホーム | 便座って確かにいつも暖かいからちょっと怖いときもあったけど出火するとは思わなかった・・・>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newstonews001.blog98.fc2.com/tb.php/192-0595ba3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。