ニュースTOニュース001

最新の芸能からスポーツまでニュースをご紹介します。一言コラムを添えてお届けしますのでお楽しみ下さい。

スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Google
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジーコよ何処へ行く?選手時代のあなたはサッカーの憧れだった。

フェネルバフチェ敗退 ジーコ監督の去就に注目
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000018-spnavi-socc

ジーコは選手時代の華々しさを思うと指導者では成功していない
と思うな。


YAHOOニュースから引用
~ここから~
ジーコ監督率いるフェネルバフチェは26日、ホームにベシクタシュを迎えたトルコカップ準決勝第2戦で、延長の末1-1で引き分けた。だが、第1戦を0-1で落としているため、2試合合計1-2で準決勝で敗退した。

 試合は第1戦を勝利し、アドバンテージを持つベシクタシュがペースを握った。引き分けでも勝ち抜けるベシクタシュだったが、ティガナ監督は「ゴールが必要」と、攻撃的な布陣で試合に臨んだ。中盤は5人で、攻撃的な選手を多く配した。しっかりとボールを回し、右サイドから決定的なチャンスを作り出したが、得点は奪えなかった。
 その後は中盤でのペースの奪い合いとなり、徐々にフェネルバフチェが主導権を握るようになった。右サイドのMFトゥンジャイの個人技からチャンスを作ったが、得点を奪えず。両チームとも得点を奪えず前半を終えた。

 後半に入ると、フェネルバフチェが猛攻を仕掛けた。後半2分に放ったトゥンジャイのシュートはポストに当たり、4分にはMFアレックスがGKと1対1の場面を迎えたが、得点できなかった。だが、試合展開としては、フェネルバフチェがベシクタシュを圧倒していた。11分には、フェネルバフチェにようやく先制点が入る。ディフェンスラインの裏にうまく抜けてパスを受けたMFテュメルがゴールを決め、1-0。その後も攻撃の手を緩めなかったフェネルバフチェだが、試合を決める追加点を奪えなかった。ベシクタシュはペースを完全に手放し、フェネルバフチェの猛攻に耐えるのみで、反撃の糸口を見つけることができなかった。結局、フェネルバフチェが1-0とリードして後半が終了し、2試合合計1-1となったために延長戦へと突入した。

 延長戦に入っても、ペースを握ったのはフェネルバフチェ。だが、ゴールを奪ったのはベシクタシュだった。延長戦前半12分、左CKからのボールをFWノブレが頭で合わせて貴重なアウエーゴールを奪い、2試合合計2-1として、勝ち抜けを決めた。

 100周年の記念の今季は二冠を目標としていたフェネルバフチェだったが、トルコカップから敗退し、目標を達成することができなくなった。ジーコ監督は試合後に声を荒げながら「残念ながら私たちの相手は11人ではなかった。主審は相手チームのようだった」「私たちはサッカーをプレーするために練習している。だが、私たちにサッカーをプレーすることを許さなかった」「サッカーは汚された」と、セルチュク・デレリ主審の判定に対して批判を連発し、ピッチ外の要素が敗因であると訴えた。だが、一方でジーコ監督は「選手は良いプレーをした。相手を圧倒し、おそろく4、5ゴール奪えた。だが、奪えなかった」と、多くのチャンスをゴールをつなげられなかったことを嘆いた。
 しかし、どんな理由であれ、絶対勝たなければいけない試合で勝てず、敗退したフェネルバフチェ。ジーコ監督の責任問題になるのは必至だ。残されたタイトルはリーグ戦のみ。これを逃すことは決して許されない。ジーコの去就は、リーグ戦残り5試合に懸かっている。

スポンサーサイト
Google
  1. 2007/04/27(金) 22:55:59|
  2. スポーツニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<暴力団と付き合いぐらいあるでしょ?芸能人だもん。。 | ホーム | 2ちゃんで言いたいこと言っててもお客さんでしょ?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newstonews001.blog98.fc2.com/tb.php/221-bb2755d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。