ニュースTOニュース001

最新の芸能からスポーツまでニュースをご紹介します。一言コラムを添えてお届けしますのでお楽しみ下さい。

スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Google
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NOVAが敗訴決定!解約時の違約金?は無効?

NOVAの精算方法は違法と上告棄却=中途解約の割高規定-最高裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070403-00000048-jij-soci

NOVAも中途解約の返金を求める訴訟で、NOVA側の上告を、
最高裁が棄却したことでNOVAの敗訴が決まった。

契約時とは違った高い金額での精算規定を無効とし、残金(差額?)
を支払うこととなる。

言葉や規定を駆使しての違法な違約金の類は認められないことになる。

以前はやったエステのチケットみたいだな。



YAHOOニュースから引用
~ここから~
英会話学校大手NOVA(ノヴァ、大阪市)を中途解約した男性が未受講分約31万円の返還を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は3日、契約時より高い単価で受講済みの分を計算するノヴァの精算規定を無効とし、ノヴァ側の上告を棄却した。全額の支払いを命じたノヴァ側敗訴の一、二審判決が確定した。
 訴訟では、特定商取引法の対象になる英会話学校で中途解約した場合の精算方法が争点となっていた。同小法廷は「提供済み役務は契約時の単価で計算すべきだ」との初判断を示した。
 ノヴァの精算規定については、「解約があった場合だけ適用される高額な対価額を定めており、実質的な違約金で、特定商取引法に違反する」と述べた。
 ノヴァのレッスンは、事前に購入したポイントを使い受講する方式。購入するポイント数が多いほど割引率が高くなり、1レッスン当たりの単価は安くなる。 


スポンサーサイト
Google
  1. 2007/04/03(火) 14:09:48|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<耐震偽装を防ぐチェック機能を養成するための試験は成功か? | ホーム | アナウンサーとプロ野球選手との10歳差のカップルは本物?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newstonews001.blog98.fc2.com/tb.php/23-42a9307f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。